タイム精油の種類について

タイム(タチジャコウソウ)は、歴史的にバクテリアやウイルスを防ぐために使用されてきました。
一般的に入手可能なタイムエッセンシャルオイルの中で、タイムリナロールは作用が穏やかで安全な傾向がありますが
タイムチモールは、多くのチモールを含み、作用が強く、強力な抗菌・抗ウイルス作用があるといわれています。
成分と安全性は、使用するタイムオイルのタイプによって異なります。
弊社取り扱いのタイム エッセンシャルオイルは、5種類あります。

【タイムチモール】

主成分としてフェノール系のチモール(40%以上)が、豊富に含まれています。
チモールは皮膚刺激が強く、肝毒性があり十分な注意が必要です。
この成分は、特に抗菌性が強く、抗酸化作用もあります。
>>クリックで商品ページ表示

【タイムツヤノール】

主成分としてツヤノール(30%以上)という成分を多く含みます。
ツヤノールは、作用が穏やかなので皮膚刺激が少ないです。
抗菌、抗炎症作用などがあります。
>>クリックで商品ページ表示

【タイムボルネオール】

主成分としてボルネオール(30%以上)が、多く含まれています。
この成分は、皮膚刺激には注意が必要です。
鎮静、鎮痙、鎮痛、抗炎症作用などがあります。
>>クリックで商品ページ表示

【タイムリナロール】

主成分としてリナロール(40%以上)が、多く含まれています。
作用が穏やかなので、敏感肌等にも使用できます。
殺菌、抗菌、抗不安、鎮静作用があります。
また、リナロールは、ストレス緩和、リラックス、気分の向上にも有効です。
フランスでは、はちみつに加えてのどのケアに用いられることがあります。
>>クリックで商品ページ表示

【スパニッシュマジョラム】

別名タイムマストキナは、商品名にマジョラムとついていますが、スイートマジョラムとは別の植物でタイムの近縁植物です。
また、他のタイムとは、成分が大きく異なります。
主成分として1.8シネオール(50%以上)が、豊富に含まれています。
抗菌、抗ウイルス、抗炎症作用などがあり、花粉症の改善など、呼吸器系のトラブルに対して有効です。
>>クリックで商品ページ表示

>