【香りのノート】

アロマフレグランスは、揮発速度に応じて、トップノート、ミドルノート、ベースノートの3つのカテゴリーに分類できます。
フレグランスのトップ、ミドル、ベースの比率をバランス良くさせると、香りがより豊かになります。
これらの3つはチームのようなもので、お互いに分業と協力をして、完全な層状のにおいを作り出します。

トップノートは、香りの第一印象です。
揮発速度が最も速いため印象深い香りですが、香りはすぐに衰えます。

ミドルノートは、トップノートの後に香ります。
ブレンドする場合の軸(ボディ)となる香りです。
揮発速度は、トップノートよりも遅いです。

ベースノートは、ボトムノートとも呼び、最も遅い揮発速度です。
ブレンドフレグランスでは、全体に安定性を与える重要な役割があります。

ローズマリーなどのいくつかのエッセンシャルオイルの香りは、トップ、ミドル、またはミドルとベースのノートにまたがっています。
香りは明確ですが、トップとミドルの香りであっても揮発速度は中程度です。
通常イランイラン、ローズ、ジャスミンなどの花をベースにしたエッセンシャルオイルは、ミドルとベースのノート全体に強い香りがあります。



【香りの系統】

精油には、大きく分けて7系統のグループがあります。
同じグループの他の精油とブレンドすると良く合います。
また、隣り合ったグループの精油とブレンドするのも、香りの相性が良いといわれています。