キャリアオイルの選び方

キャリアオイルは、ベースオイルまたは植物油とも呼ばれ、マッサージやスキンケアにそのまま使用したり
エッセンシャルオイルやアブソリュートをマッサージやアロマテラピーで希釈し肌に塗布するために使用されます。
エッセンシャルオイルを肌に運ぶ(キャリア)ので、キャリアオイルと名付けられました。

エッセンシャルオイルは、肌に直接塗ることができない高濃度の芳香成分です。スキンケアとして肌に塗布には希釈が必要です。
フローラルウォーターを塗布したあと、保湿をするためにもキャリアオイルは使われます。

キャリアオイル自体には、皮膚の健康に有益な成分(ビタミンA、ビタミンE、スクアレン、レシチン、ポリフェノールなど)や必須脂肪酸が含まれています。
エッセンシャルオイルを希釈する目的だけでなく、キャリアオイル単体でも肌の状態を改善することもできます。

肌の状態は人それぞれ異なり、適切なキャリアオイルも異なります。
一般的に、脂性肌には、ホホバオイル、ブラッククミンオイル、グレープシードオイル、サンフラワーオイルなど、テクスチャーが軽い肌触りで浸透しやすいオイルが最適です。
乾燥肌には、オリーブオイル、アボカドオイル、アルガンオイル、マカダミアナッツオイルなど、テクスチャーが重い肌触りのオイルが最適です。

一般的なキャリアオイルの特徴

名称 テクスチャー 適した肌 特徴
スイートアーモンド 普通 すべての肌質 保湿力に優れたオレイン酸が主成分です。
乾燥肌、敏感肌にも用いられベビーオイルとしても使用できます。
アルガン やや重い 乾燥肌 乾燥した肌に適しており、肌を柔らかくして弾力を与えます。
ホホバ 軽い 脂性肌 主成分は、ワックス成分で皮脂分泌を調整します。
保湿性が高く、肌の乾燥を和らげ、さまざまな肌タイプに適しています。
グレープシード 軽い 脂性肌 やわらかな感触で、植物油の油っぽさが気になる方には、オススメです。