アロマオイルの使い方

アロマオイルの使い方

アロマオイルは、植物の葉、花、茎などから香り成分を抽出したエッセンスでエッセンシャルオイルや精油と呼ばれます。
一般的に、植物の花、木部などは水蒸気蒸留、果皮は圧搾と呼ばれるプロセスで植物から抽出されます。
アロマテラピーで香りを楽しんだり、キャリアオイルと組み合わせてスキンケアやマッサージ、トリートメントなどで使用することもできます。

エッセンシャルオイルを使用する、最も一般的な方法は、香りを楽しむことです。

エッセンシャルオイルのいろいろな使い方をご紹介します。

アロマディフューザー

最も簡単に香りを楽しむ方法は、エッセンシャルオイルのボトルを開けて、香りを嗅ぐことです。
香りを楽しむことで、心身ともにさまざまな作用を与え、リラックスしたり、気持ちの切り替えを促すことができます。
また、ディフューザーを使うことで、エッセンシャルオイルを空気中に拡散させることができます。
弊社で取り扱いのディフューザーには、2つのタイプがあります。

・電気を使用するアロマディフューザー

空気中に短時間で香りを拡散することができます。
ネブライザー式と超音波式のアロマディフューザーがあります。
ネブライザー式は、水を使用しないタイプで精油本来の香りを楽しむことができます。
超音波式は、少量の水と精油を超音波でミスト状にして、お部屋に拡散させるタイプです。

・アロマストーン
デスクの上や枕元など小さいスペースで、手軽に香りを楽しむのに適しています。

使用目的や拡散させたいスペースでお選びください。

その他にも、マグカップに入れたお湯に精油を垂らして香りを楽しんだり、揺らめく小さな灯と香りで心を落ち着かせてくれるアロマキャンドルや
火と電気を使用しない、お部屋に置いておくだけで香る、リードディフューザーなどで楽しむ方法もあります。

オススメの使い方:
寝る前にアロマディフューザー使用することで、寝室全体がアロマの心地よい香りにつつまれます。
好きな香りにつつまれて、緊張とストレスを和らげます。

>>商品ページはこちら[アロマディフューザー]

スキンケア

スキンケアやマッサージにエッセンシャルオイルをさまざまな方法で使用できます。
エッセンシャルオイルをキャリアオイルで希釈をして、マッサージをすることで肌に馴染ませます。

希釈する場合の濃度は下記を参考にしてください。
お顔に使用する場合は、0.5%以下の濃度
お肌に使用する場合は、1%以下の濃度

フロリハナの精油1滴は約0.03mlです。

例えば1%濃度で使用したい場合は、キャリアオイル3mlに対してエッセンシャルオイルを1滴の割合です。
一番小さい販売サイズのキャリアオイル15mlに対しては、お肌に使用する場合は5滴、お顔に使用する場合は2滴が目安です。

なお、エッセンシャルオイルとキャリアオイルを使用する前にパッチテストを行うことで、潜在的な皮膚アレルギーを確認することができます。
二の腕などの目立ちにくい場所に1〜2滴塗り、丸1日様子をみます。
パッチテストでかゆみや赤みなどを感じたときは、すぐに洗い流してください。

また、柑橘系の精油は光毒性の可能性があります。
使用する場合は、紫外線にあたらないなど注意が必要です。

オススメの使い方:
フェイシャルオイル
お顔に使用する場合は、精油濃度0.5%以下にキャリアオイルで希釈します。
フローラルウォーターを使用した後、ブレンドしたオイルを手に2〜3滴垂らし、お顔になじませるように優しくマッサージします。

マッサージオイル
精油を1%以下の濃度にキャリアオイルで希釈をします。
入浴後、適量を手に取り全身になじませるようにマッサージします。

フロリハナで人気のあるオーガニックエッセンシャルオイルをご紹介します。

[ラベンダー]
フローラルで穏やかな香りで、リラックスしたいときや、気持ちを切り替えたい時など心と体の緊張を和らげ、心身の調子を整えてくれます。
アロマテラピーで最初に選ぶエッセンシャルオイルのひとつとしてオススメです。
寝る前お部屋に香らせることで、リラックスタイムを楽しむことができます。

[ローズゼラニウム]
ローズ調の華やかで上品な香りです。
フローラルな香りは、心のバランスを整えるといわれています。
心を落ち着けたいときや、リラックスしたいときに

[ユーカリラデアタ]
しみとおるような爽やかな香りです。
鼻づまりなどの不調を和らげるといわれています。
気分転換や集中したいときに

[ペパーミント]
メントールという清涼感のある成分が豊富なため、さわやかな清涼感のある香りです。
モヤモヤしているときなど、元気を与えてくれます。
リフレッシュしたいときや気分転換したいときに

[スイートオレンジ]
フレッシュでエネルギッシュな甘い柑橘系の香りです。
元気をだしたいときや、心を明るくポジティブになりたいときに

[フランキンセンス]
スパイシーでウッディ調の香りです。
瞑想やグラウンディングのときにおすすめで、心を穏やかにします。

[レモン]
フレッシュで爽快な柑橘系の香りです。
スッキリ、リフレッシュしたいときに

[ベルガモット]
さわやかな柑橘系の香りです。
さわやかな香りには、緊張感やストレスを和らげるといわれています。
リラックスしたいときや、一息つきたいときに

[レモングラス]
レモン調のさわやかな香りです。
気分をリフレッシュして活力を与えてくれます。
疲れたとき元気をだしたいときに

>