精油

【アロマメモ】シナモン精油の種類と香り

【アロマメモ】シナモン精油の種類と香り

シナモン精油の種類と香り

シナモンは、クスノキ科ニッケイ属の植物です。
古くから香辛料や生薬として用いられてきました。
漢方の世界では、桂皮(ケイヒ)という生薬として身体を内側から温めて血行を促進するために使用されています。

シナモンエッセンシャルオイルには、シナニッケイとセイロンニッケイの二種類あります。
シナニッケイは、東南アジア原産のシナモン。
セイロンニッケイは、スリランカ・マダガスカル原産のシナモンです。

また、弊社取り扱いのシナモン精油では
シナモンカッシアが、シナニッケイ
シナモンバークとシナモンブランチが、セイロンニッケイにあたります。

【シナモンカッシア】
小枝の部分を水蒸気蒸留することにより採れる精油です。

主成分としてシンナムアルデヒドが、豊富に含まれています。
また、酢酸シンナミル、クマリンも含まれています。
酢酸シンナミルは、ダニが嫌がるにおい成分といわれています。
クマリンは桜に含まれる香り成分として有名で、リラックスや気分向上の働きがあるといわれています。

《香り特徴》
温かみのあるスパイシーな香り。
寒い時期の芳香浴で温かみを感じられます。

【シナモンバーク】
樹皮の部分を水蒸気蒸留することにより採れる精油です。

主成分としてシンナムアルデヒドが、多く含まれています。
また、酢酸シンナミル、β-カリオフィレンも含まれています。
β-カリオフィレンは、ストレスを和らげる働きがあります。

《香り特徴》
スパイシーな香りの中に深い甘い香り。
気分が落ち込んだ時など心をリフレッシュします。

【シナモンリーフ】
葉も含めた小枝の部分を水蒸気蒸留することにより採れる精油です。

主成分としてフェノール類のオイゲノールが、豊富に含まれています。
この成分は、抗菌や殺菌の働きがあるといわれています。
疲労を感じているときなど気持ちの切り替えを促します。

《香り特徴》
スパイシーで甘くフレッシュな香り。
疲労を感じているときなど気持ちの切り替えを促します。

前後の記事を読む

【アロマメモ】クスノキ精油の特徴
【アロマメモ】ジャスミンの種類と香り