レシピ

【アロマメモ】手づくり虫よけアロマスプレーレシピ

【アロマメモ】手づくり虫よけアロマスプレーレシピ - フロリハナ FLORIHANA - 【公式オンラインショップ】

虫よけアロマスプレーレシピ

新緑が鮮やかな清々しい季節になり、これからアウトドアなど外で過ごす機会も増えてくると思います。
虫にとっても活発な時期であり、蚊などの虫は気温が25℃~30℃にあたりになると活発に活動するといわれています。
快適な時間を過ごすためには虫よけ対策が欠かせません。
そこで今回は虫よけアロマスプレーのレシピをご紹介します。
100%オーガニック精油を使用して、虫よけスプレーを手作りしてみましょう。

アロマスプレー

レシピ

《用意するもの》

  • 50mlスプレーボトル 1個
  • 無水エタノール 5~10ml
  • 精製水またはフローラルウォーター 40~45ml
  • ペパーミント
    ラベンダー
    ローズ
    ゼラニウム
    レモンバーベナなど
    お持ちのものがあればお好みで
  • エッセンシャルオイル
  • シトロネラ
    レモングラス
    ユーカリレモン
    ペパーミント
    ラベンダー
    ローズゼラニウム
    パルマローザなど

《作り方・レシピ1(エタノール10%)》

  1. 容器の中にエタノール5mlを入れ、お好みのエッセンシャルオイル(10滴程度)を入れてよく混ぜる。

  2. おすすめブレンド ユーカリレモン3滴
    ペパーミント2滴
    ラベンダー3滴
    パルマローザ2滴
  3. 精製水45mlまたは上記フローラルウォーターからお好みのものを容器に入れてよく混ぜる。
    *フローラルウォーターを使用するとしっとり感が増します。

《作り方・レシピ2(エタノール20%)》

  1. 容器の中にエタノール10mlを入れお好みのエッセンシャルオイル(20滴程度)を入れてよく混ぜる。

  2. おすすめブレンド ユーカリレモン6滴
    レモングラス4滴
    ペパーミント4滴
    パルマローザ6滴
  3. 上記フローラルウォーター40mlを容器に入れてよく混ぜる。
    *精油が2倍入っているためレシピ1より香りが長持ちします。

*アロマスプレーの使い方
適量をスプレーします。香りを感じなくなったら再びスプレーします。

<注意事項>
お子様(3歳以下)には、精油の量を半分以下にします。
1歳以下のお子様には使用しないで下さい。
レシピ1は7日~10日、レシピ2は1か月程度で使い切るようにしましょう。

虫よけ精油のご紹介

ユーカリレモン

ユーカリレモン精油は一般的に虫よけ効果があるとされており、その主要な成分は"シトロネラール"と呼ばれる成分です。
また、蚊が忌避する成分として知られている"ユーカリジオール"という成分も含まれています。

シトロネラ

シトロネラ精油は一般的に虫よけ効果があるとされており、その主要な虫よけ成分は"シトロネラール"と呼ばれる成分です。
多くの昆虫に対して忌避効果があるとされています。
特に蚊に対して効果があるといわれています。

レモングラス

レモングラス精油は一般的に虫よけ効果があるとされており、虫よけ成分は"シトラール"と呼ばれる成分です。 蚊やその他の昆虫に対して忌避効果があるとされています。
特に蚊に対して効果的であり、多くの製品に使われています。

ペパーミント

ペパーミント精油の主成分は、"メントール"です。
この成分は、スーッとした清涼感のある香りによって虫が近づきにくくなるとされています。


ラベンダー

ラベンダー精油に多く含まれている"リナロール"という成分は、虫よけ効果があるとされています。
その香りは人間にとっては心地よくリラックス効果があります。

ローズゼラニウム

ローズゼラニウム精油の主成分は、"シトロネロール"と呼ばれる成分です。
フローラルでローズのような香り成分です。
特に蚊に対して効果があるとされ、蚊が忌避する成分として知られています。

パルマローザ

パルマローザ精油の主成分は、"ゲラニオール"という成分です。
バラのようなエレガントな香りで人間にとっては良い香りですが、ローズ調の強い香りが虫を遠ざける働きをするといわれています。

前後の記事を読む

【アロマメモ】ツバキ油について - フロリハナ FLORIHANA - 【公式オンラインショップ】
【アロマメモ】キャリアオイル脂肪酸学 - フロリハナ FLORIHANA - 【公式オンラインショップ】